喪中印刷をする時に印刷会社を利用するメリット

代行業者をうまく活用して作業効率をあげましょう

コンビニを利用して印刷

コンビニで中綴じ印刷できる?

中綴じ印刷と言えば、少部数からでも高品質の印刷ができ、しかもたいへんコストが安いことで有名です。最近では、ネットからでも中綴じ印刷を申し込める印刷会社が増えていて、市場は活況を呈しています。 この何かと話題の中綴じ印刷が、コンビニでもできるということは意外と知られていません。コンビニで中綴じ印刷をするのは、すべてが手動になるので、大量に冊子を作るのには向いていませんが、20部から30部程度の冊数であれば、一人でも中綴じ印刷の印刷物を作成することが可能です。 但し、コンビニのプリンターを利用しているので、本格的な印刷所やプリントサービス会社で作ったものとは全くの別物であることを理解しておくとよいでしょう。

同人誌作成における中綴じ印刷について

二次創作をいざやってみようという方は大抵は印刷会社に入稿するかと思いますが今回は中綴じ印刷についてお話をしたいと思います。中綴じ印刷というのは1枚の紙の真ん中にホチキスなどを用いて製本する方法です。 この製本方法は大きなメリットとしては単価が安いのが魅力です。例えば、初めての同人誌印刷やページ数が少ない場合はリーズナブルにチャレンジできるのでお手軽さがあります。また見開きページを使ったコマ割りなどがあればのりしろ部分がないので違和感のない演出ができます。 中綴じ印刷の注意点としてはページ数が多いものには向かない、長期保管になるとホチキスの部分がサビてしまうなどの劣化があげられます。 この2点さえ気を付ければ中綴じ印刷を有効にかつお得に利用できるかと思いますのでこれから2次創作にチャレンジしてみようという方にはお勧めの製本方法です。